通信教育のメリット・デメリット

通信教育で高校に通うことでのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

メリットとしては、
やはり自分のペースで勉強できる点が大きいでしょう。

月に数回スクーリングやレポートの提出のほか、
試験も行われますがそれ以外は時間を好きに使うことができます。

もちろん勉強をすることは欠かせませんが、
趣味を見つけて楽しんだり、
仕事をすることも可能です。

また、費用が抑えられる点も魅力です。

公立か私立によっても違いはありますが、
公立であれば3年間通っていても10万円ほどの費用で卒業することが可能です。

次にデメリットについて考えてみましょう。

通信教育のデメリットとしては、
やはり人との関わりが少ないことになります。

全日制と比較するとクラスの人と関わりを持つことが少なく、
友人を作ることが難しい場合もあります。

ですが、学校によっては部活やレクリエーション、
体験学習などを積極的に取り入れている学校もあるので通信教育の高校を選ぶ際には学び方について比較をしてみると良いでしょう。

また、全日制とは違ってカリキュラムが組まれていません。

そのため、勉強は自分自身で計画して行うことになります。

多くの時間が取れる通信教育なので、
遊びに夢中になったり仕事を頑張り過ぎてしまうとレポートの提出が遅れてしまったり、
試験で失敗する可能性もあるので注意してください。

目標を決めて取り組むことが重要となるので、
学習に取り組む前に卒業後についてしっかりと考えてみると良いでしょう。

通信制高校の私立と公立、それぞれの特徴とは

通信制高校には「私立」と「公立」の2種類があります。

全日制の場合も私立と公立に大きく分かれていますが、
通信制高校の場合どのような違いがみられるのでしょう?

・学費
やはり一番大きな違いと言えば学費でしょう。

公立学校では単位だけでいうと約10万円程度で卒業することも可能ですが、
私立の場合は約40万円程度の学費がかかってしまいます。

これはあくまでも単位にかかる学費であり、
この他にも教材費や教育運営資金、設備費などが加算されるので、
どちらも加算されることになりますが、
やはりどちらにせよ私立の方が学費がかかることがわかります。

・自由度
学費は私立の方が高いことがわかりましたが、
登校の自由度などはどうでしょう?

公立の場合、スクーリングや試験、学校行事などで登校しなくてはならない日があらかじめ決められており、
その日に行かないと単位取得ができないという場合もあります。

一方私立は自由度が高く、一人ひとりのペースに合わせてスクーリングを調整することも可能です。

年に数日のみ登校するだけで良い場合もあれば、
逆に毎日登校するスタイルでもOKな学校もあります。

ライフスタイルの合わせやすさで言えば私立の方が上かもしれません。

・勉強
勉強についてですが、公立の場合中学校卒業程度の学力がある前提で勉強することになります。

ですから学力に不安がある人にとってはついていけなくなってしまう場合があるかもしれません。

私立の場合、生徒の学力状況に合わせて中学や小学校の時の勉強に戻って教えてくれる場合もあります。

このように通信制高校でも公立と私立では様々な違いがみられます。

どの通信制高校を受けるのか検討される場合は、
公立と私立の特徴にも注目して選んでみましょう。

アメリカの通信制高校

最近通信教育で学ぶことのできる高校が増えているようですが、
本当に安心できるのか心配という方は多いのではないでしょうか。

通信教育の高校の中には、きちんと学習もせず単位をもらえると言った学校もあるようで、どこを選んだら良いか不安にもなるのです。

ただ、今の時代学校に通わなくても通信教育で勉強ができるのは嬉しいですよね。

日本では、小学校・中学校に関して、どこに住んでいても同じ教育が受けられるようなシステムになっていますが、
海外ではそういうわけにはいきません。

そのため、例えばアメリカではオンラインの学校もたくさんあるそうです。
また、学校に通わず、自宅で勉強する「ホームスクール」を選ぶ人も多いそうです。

さて、日本にいながら、このアメリカの通信制高校で学ぶ方法があります。

しかも、日本と違ってスクーリングなしで卒業できる高校もあるそうです。

また、アメリカの通信制高校の中には日本の通信制高校と提携していて、日本にいながら学習し通信教育でアメリカの高卒資格を得ることができる学校もあるのです。

アメリカの高校で学ぶわけですから、当然英語力も身につき、
卒業後にアメリカの大学や専門学校への進学を視野に入れることも可能になるのです。

レポートなど課題は当然英語ですが、
日本語のサポートがあり、日本語で質問することも可能ということです。

例えば、八洲学園大学国際高校では「American High School Academy 日本支部(Friends Abroad)」と教育提携をしており、
日本の高卒資格とアメリカの高卒資格両方が取得できるということです。

通信制高校サポートコース

今回は「中央高等学院」をご紹介します。

中央高等学院はいわゆるサポート校です。
高校ではないので、卒業して高卒資格を得ることはできません。

通信教育で高校を卒業するということは難しいですね。

通信制高校は公立の高校もあって、
公立なので月謝は安く、今は就学補助があり、全日制もほとんど費用がかからないのと同じく、通信制も公立ならお金の心配はいらないでしょう。

ただ、サポートに関していえば別です。

公立の通信制高校は学習サポートが少なく、卒業することが難しいです。
高校生の場合、通信教育だけでの学習はかなり難しいのです。

サポート校はそういった人のための塾のようなものです。

一般の学習塾や進学塾は受験のために通うわけですが、
サポート校は通信教育で高校を卒業するためのサポートをするわけですから、
通信教育の高校についてよく知っているのです。
その上、大学受験などのサポートもしてくれるそうです。

中央高等学院の場合、3年間で無理なく卒業できるようにサポートしてもらえるということです。

また、中央高等学院には、通信制高校サポートコースというものがあります。

通信制高校サポートコースは、これまでのサポート校と違い、
通信制高校とサポート校へのダブル通学はなく入学試験もないそうです。

無理なく自分のペースで、自分の時間を大切にして進級から卒業後の進路まですべてのサポートが受けられるということです。

通信高校と提携したサポート校に学習サポートがついたと考えれば良いでしょう。

インターネットで授業が受けられる!

今回は、インターネットで授業を受ける事ができる通信教育の高校をご紹介します。

これまで通信制高校は様々な問題を抱えていました。

仕事をしながらなど、通学する事が難しいから通信教育で学ぼうとしているのに、
スクーリングが負担になって、続ける事ができない。

スクーリングが少ない通信教育の高校を選んだのは良かったのだが、
自宅学習だけでの単位修得が難しいなど様々な問題があるのです。

その問題を解決できるのが、インターネットを使った通信教育ではないでしょうか。

最近は全日制の小学校や中学、高校でもICT活用が盛んになっていますが、
通信教育の高校こそ、ICTをより活かす事ができるのではないでしょうか。

通信制高校ナビによれば、「クラーク記念国際高等学校」は学研・小学館・パナソニックと共同開発したウェブ学習システムでの学びが可能、
「NHK学園高等学校」では「ネット学習コース」「ネット学習海外コース」「ネット学習Do itコース」など様々なインターネットを利用して学べるコースがあるそうです。

第一学院高等学校では「第一学院 Mobile High School(通信コース)」があり、
生徒全員にiPad(R)miniを無償貸与し、ICT教育を本格的に推進しているそうです。

映像や音声を積極的に活用する事で、より分かりやすく、より楽しい学習環境を提供しているという事です。

第一学院では、中学校の復習から大学受験対策まで、ICTを活用して自分の学力や希望進路に合わせて学習を進める事ができるそうです。

通信教育で学びたいと考える生徒の中には中学生の授業に戻って学習した方が効率的だという人もいます。

一人ひとりに合わせた学習ができるところも、
インターネット授業の良いところですね。

通信制高校の就学支援金

最近通信制高校が増えているようですが、
通信制高校というのは基本的に単位制の高校です。

必要な単位を取るということに関しては、全日制高校も通信制高校も同じですが、
通信制高校の場合は、学校に通わなくても通信教育で学習し、単位を取れば良いのです。

高校の通信教育に関しては、学校教育法に基づいて制定されている
高等学校通信教育規程などで決められていますが、
通信教育の高校は毎日学校に登校する必要はなく、主として自宅や学習センターなどで学ぶことができるとあります。

そして重要なのは、単位を取って卒業すれば、
全日制と同じ、高卒資格が得られることです。

では、学費に関してはどうでしょうか。

全日制と同じで、公立の場合、今はほとんど学費はかかりません。
ただ、通信制の公立は、サポートが少ないのが現状です。

私立はサポートが手厚い分、費用がかかります。
そこで、調べておきたいのが、就学支援金です。

就学支援金がいくら支給されるのかといったことをきちんと確認しておきましょう。
就学支援金は自分が入学した高校に申請すれば、都道府県から学校に支給され授業料などが減額される形です。
2014年4月から適用の就学支援金の目安をみると、
保護者の年収が250万円未満の世帯は1単位当たりの支給額は12030円、250万~350万では9264円、350万円~590万円の場合は7218万円、590万円~910万円は4812円、910万円以上は対象外となっています。
高校を卒業するには、3年間で74単位必要となります。

通信制高校の特徴を知る!

文部科学省の有識者会議が、広域通信制高校の教育の質を確保する方策をまとめた事がニュースになっていました。

問題のある学校に経営改善を促すため、私立学校に支給する経常費補助金を減額できる仕組みを作るほか、学校を指導監督する自治体向けの指針を見直す事などを提言したそうです。

通信教育の高校には、問題ある学校がいくつか見つかっています。
文科省は学校法人に法令違反があった場合に経常費補助金を打ち切る事ができるのですが、学校が継続できなくなると困るのは生徒になるため、これまでは補助金減額という方法は使いにくかったといいます。

だからと言って、きちんと教育ができないと困るのです。
昨年問題になったウィッツ青山学園高については、生徒をテーマパークに連れて行き、土産物のお釣りの計算で「数学を履修した」とみなすなど、ずさんな指導が発覚したといいます。

最近、通信教育の高校が増えていますが、
増えてきただけに、しっかりと選ぶ目というものが必要になります。

通信教育の高校では、様々な事が学べるようになっています。

働きながら学ぶために通信教育の高校を選ぶのではなく、
プラスαを学ぶための選択という事もあるでしょう。
しっかりと目的を考えた高校選びが必要なのです。

例えば、「コードアカデミー高等学校」は通信教育で高校卒業のための学習と、コード(プログラミング教育)についても学ぶ事が可能です。

小学校でもプログラミング教育を行うようになるそうですが、
プログラミングができる事で、将来の選択肢が増える事になるでしょう。

通信制サポート校のメリット

プログラミングスクール「CodeCamp」などを運営するコードキャンプは、先月家庭教師派遣などを展開するトライグループと業務提携し、エンジニアを目指す高校生向けに実践的なプログラミング教育を施す「エンジニア・IT 起業家 育成講座」を提供すると発表しました。

まずは、トライグループが運営する通信制高校・サポート校であるトライ式高等学院の一部の生徒を対象に、6月から11月までトライアル講座を実施するという事です。

最近通信制サポート校で、様々な取り組みが実施されています。

サポート校は、通信教育により、通信制高校で学ぶ生徒をサポートする塾のようなもので、いわゆる高校ではありません。

トライ式高等学院はサポート校ですから、卒業しても高卒資格を得る事はできないのです。

それでもサポート校が増え、サポート校で様々な取り組みが実施されるのはどうしてでしょうか。

通信制高校・サポート校の一つ「ディヤーナ国際学園」をご紹介します。

ディヤーナ国際学園は、大学進学を目指して海外寮にて英語を習得するためのコースや、東南アジアへの大学進学ができるようにサポートするコースもある通信制サポート校です。

家庭内暴力・ひきこもり・不登校・非行など心の問題を抱える青少年、及びニートの自立も支援しているという事です。

通信制高校サポートコースは、「ディヤーナ国際学園」のコースの一つで、
通信教育で学びながら高卒資格を得る事ができます。

通信教育の高校と提携してその高校の単位をとっていく事で、
高卒資格を得る事ができるのです。

通信制高校と提携し、通信教育で高卒資格をとり、
さらに別の学びも可能にしているのです。

通学もありのクラーク記念国際高校

今回は、冒険家の三浦雄一郎氏が校長を務める「クラーク記念国際高校」についてご紹介します。

「クラーク記念国際高校」は通信教育で学べる高校ですが、
昨年野球部が甲子園に出場した事でも有名になりました。

通信制高校の甲子園出場は初めてという事ですが、
通信制高校が、そんなに盛んに部活動をしている事に関しても驚いた人も多かったのではないでしょうか。

しかも、野球部は創部3年目、という事なのです。

この野球部の甲子園出場が、クラーク国際記念高校の特徴をよく表しているといえるのではないでしょうか。
クラーク国際記念高校は通信教育の高校でありながら様々な活動が可能です。

やりたい事から選べる多彩なコースが用意されています。

通信教育の高校としては考えられないくらい多彩なコースです。

「インターナショナルコース」やゲームやプログラミングなどが学べる「クリエイティブコース」、「情報コミュニケーションコース」、声優や女優を目指す、あるいはイラストレーターを育成する「クリエイティブコース」、ダンスや演劇、音楽の学べるコース、保育や福祉を学べるコース、スポーツの学べるコースの他、難関大学進学コースなどがあります。

甲子園に出場したのは、硬式野球部のあるスポーツコースで、北海道本校の生徒たちです。
週5日午前中は一般科目、午後は専門分野の授業を行い、
放課後に野球の練習を行っているそうです。

クラーク記念国際高校は通信教育の高校と言っても通学して学ぶ事もできるため、
自由な学び方ができると言う事です。

N高校 入学式は自宅参加!

ネット通信制高校「N高等学校」の入学式が先月行われたことがニュースになっていました。

N高校は、通信教育の高校ですが、今年4月に通学コースが開校したということですね。

N高校は、カドカワが昨年開校した、インターネットで通信教育を行う高校で、
この入学式では、現実の風景の中に立体的な映像が浮かんで見えるMR(複合現実)という技術により、新入生は、実際には会場にいない“来賓”からの祝辞を受けたそうです。

実は、この入学式に参加した新入生は約2千人ですが、大部分は自宅での参加ということです。
入学式もネット通信教育の高校ならではですね。

米マイクロソフトの端末「ホロレンズ」を装着して会場でMRを体感したのは来場した60人ほどということです。

この高校は基本的にネットを通しての通信教育により学習するそうですが、
沖縄県うるま市にある本校で特別活動を行うほか、東京・代々木と大阪・心斎橋でプログラミングや大学受験講座、外国語などを通学して学ぶこともできるようになったそうです。

入学式では沖縄にいる奥平博一校長がホロレンズを通して、会場内の壇上であいさつしたのですが、
この入学式を見て、通信教育の方法なども実感できたという人もいるそうです。

この高校では、時間や空間をネットの技術で乗り越え制限をなくしているということですが、
まさしく、最先端の通信教育の高校なのですね。

通学コースも通常の授業はネットの映像授業で、教師は面談やコーチングを行うそうです。